2009年02月21日
突然ですが、あなたは「ランチェスターの法則」というものを聞いたことがありますか?

この法則は、イギリスのエンジニアであるフレデリック・ランチェスター氏が第一次世界大戦に際して発見した法則です。

もともとは戦闘における兵力と損害量の関係についての法則なのですが、
経営論においても注目されています。


ランチェスターの法則とは、次の2つの法則です。


○ランチェスターの第1法則(一騎討ちの法則)

槍や刀など、1対1の接近戦の武器の戦いでは

(兵器の性能が敵味方同じならば)
兵士数の多い方がその分だけ勝つ。

つまり味方の兵力が5、敵の兵力が3ならば
戦闘が終わった時点で、こちらの残り兵力は 5−3=2 というわけです。


○ランチェスターの第2法則

マシンガンなどのように1人が複数の敵を攻撃できる近代兵器での戦いでは

戦闘力が、初期兵力数の2乗の差としてあらわれる

どういうことかと言うと、味方の兵力が5、敵の兵力が3のとき
戦闘力の差は 52−32= 25−9 = 16
となり、戦闘が終わった時点での味方の残り兵力は ルート(16)=4 となるというものです。


もちろん武器の性能に差があれば、この法則は少し変わってきますが基本は同じです。


このランチェスターの法則から「もっとも損害が少なくて済む効果的な戦略」が分かります。


弱者と強者それぞれがとるべき戦略は次の通りです。
「弱者の戦略」と「強者の戦略」はこんなに違う!≫
posted by アフィリエイター鈴木 at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) |アフィリエイトノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。