2008年09月06日
あなたもアフィリエイターならば『情報商材』というものを聞いたことがあるはずです。

一言でいえば、 「一般には出回らない”情報”」 の販売なわけで、
安いものでも二、三千円(!)から高額なものだと10万円を超える(!!!)こともあります。

※このブログの右側で紹介している、インフォトップやインフォカートなどを見れば、7600件以上の情報商材が紹介されています。


で、アフィリエイト関係の『情報商材』も何千と出回っているんですね。

そして、それぞれのセールスレターでは「寝ているだけで」とか「悪魔的」とか「秘術」とか
そーいう、いかにも怪しい(笑)言葉を使って、なんとかその情報を売ろうとしているわけです。


また情報商材ってのはアフィリエイト報酬率が30%〜70%くらいに設定されています。

なにせ売るものが「情報」なので製造コストなどの原価がかからないわけです。
だから売ったら、それが丸ごと利益になりますから、
多少アフィリエイト報酬率を高くしても、たくさん売ろうと考える人が多いんですね。


そのため、情報商材を売ろうとしているアフィリエイターもたくさんいます。

楽天アフィリなんて報酬率1%ですから、同じ値段の商品をアフィリエイトしても、30倍〜70倍も利益が出るわけです。
アフィリエイターが集まるのも当然でしょう。

しかも情報商材は1つの商品が1万円とか2万円とかします。

ですから、たとえば報酬率50%で値段が2万円の商材を売れば、商品を1つ売るだけで
2万円 × 50% = 1万円
手に入るわけですから、すごい世界です。

それで世の中には情報商材を売ろうとしているアフィリエイターが多くいるというわけです。


で、アフィリエイトの常套手段として「レビューを書く」というのがありますから、
情報商材を読んでレビューを書いているブログというのがたくさんあるわけですね。

このブログでも、たま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜にそういうレビューを書いてます。

じゃあ、そういう情報商材のレビューって、どれくらいアテになるんでしょうか?

結論だけ言えば、ネットビジネス系の情報商材については
「95%のレビューは何のアテにもならない。
読むだけ時間のムダ」

ということになるのですが・・・そのわけについては
「情報商材のレビューってどうなの?」の続きをお読みください。
posted by アフィリエイター鈴木 at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) |アフィリエイトコラム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。